補聴器の種類

補聴器のおすすめはどのメーカー?購入前の注意点も紹介します。

補聴器 おすすめ

補聴器を購入しようと思った時に、調べれば調べるほどあまりにも多い販売店数に圧倒されて、どこで購入すべきか迷ってしまうと思います。

カタログなどを見ても細かい性能や詳細情報がビッシリと載せられていて、何をどう比較して良いかも分からず…

ですが私達が知りたいのは「どこのメーカーがおすすめで、安心して利用できる補聴器はどれ?」という、もっと基礎的な部分だと思います。

そこでこの記事では、難聴を患っているご家族がいる方に向けて、おすすめの補聴器のメーカーと、失敗しないための選び方を分かりやすく説明しておきます。

当サイトでも人気でおすすめしているのが、22年の実績があり、信頼できる国産の補聴器メーカー『みみ太郎』です
下記の公式サイトからなら購入前に10日前の無料お試しも可能です。
インターネット受付で取り寄せる事ができ、送料などもかかりません↓

私がこの記事を書いた大きな理由になっている、私の亡き祖父との補聴器にまつわる話も良かったらぜひ読んでみて下さい。

>>私が難聴のご家族に補聴器をおすすめする理由

補聴器のおすすめメーカーは第一に国産だという点です!

補聴器 国産

日本でもたくさんのメーカーの補聴器が出回っています。

ですが、実はその大半は外資系メーカーの製品です。

ワイデックス、シグニア補聴器、スターキー、ユニトロン、リサウンド、ベルトーン、オーティコンなどのメーカー名を耳にした事があるかもしれませんが、実はこれらはすべて外資系のメーカーなのです。

もちろん外資系メーカーがダメという事はありませんし、非常に優れた製品もたくさん発売されていますから否定するわけではありません。

ですがこのブログでは、あくまでも私的感情を加味しておすすめの補聴器を挙げさせて頂くとすれば、やはり大切な家族には国産(日本国内製造)の補聴器メーカーを選びたいですし、吟味した結果、最終的に選ぶのはアフターサポートなどもしっかりとしている国産一択になります。

適当に近所の補聴器店や眼鏡店に置いてある補聴器を選ぶと、知らない間に外資系企業の補聴器を購入してしまっていた…という事は往々にしてあると思いますよ。

おすすめできる日本の主要な補聴器メーカー

それでは、下記に日本の主要な補聴器メーカーを紹介しておきます。

リオネット補聴器

リオネット補聴器

1944年設立の国産の大手補聴器メーカーです。1948年に日本初の量産型国産補聴器を発売し、世界初の人工中耳の開発にも成功して大きく飛躍しました。

その後も防水対応の耳かけ型補聴器やフルデジタル補聴器などの“世界初”を次々と生み出し、名実ともに今や補聴器界のリーディングカンパニーと言えるメーカーです。

パナソニック

言わずと知れた電子製品メーカーですが、実は補聴器事業も60年を迎え、今や人気の国産補聴器メーカーになりました。

使う人の気持ちを考えた操作性、デザイン性に優れた補聴器を多く生み出している事が特徴で、補聴器の開発・設計から生産・販売までを一貫して行うのもパナソニックの特徴です。

コルチトーン補聴器

コルチトーン補聴器

リオネット補聴器、パナソニックに比べれば日本でのシェアは低いですが、1946年に東京で耳鼻科医療機器を製造した事からスタートし、1957年に補聴器専門となった国産補聴器メーカーです。

最新のデジタル補聴器はもちろん、価格を抑えた箱型(ポケット型)の補聴器や、今は少なくなったアナログ型の補聴器のラインナップが豊富な事が特徴です。

補聴器の種類による主要国産3メーカーの値段比較!

おすすめの国産メーカーを3社紹介しました。

ですがまだ購入に関しては迷う事になると思います。

なぜなら、これらの国産補聴器メーカーは扱う商品点数も多いですし、補聴器の種類によって価格がピンキリだからです…

ですから次に、上記で紹介したリオネット補聴器、パナソニック、コルチトーン補聴器に関して、「耳かけ型」「耳穴型」「箱型」の3種類それぞれの補聴器での価格相場を比較しておきます。

メーカー 耳かけ型 耳穴型 箱型
リオネット 4.5~37万 7~39万 2.98~8万
パナソニック 9.8~44万 18~44万 5.8~12.8万
コルチトーン 4.5~55万 4.9~54万 2.9~8万

(※片耳ぶんの補聴器価格です)

こうして比較しても分かりますが、高額なものになれば人によっては手をつけられないような価格の補聴器も販売されています。

左右で極端に聞こえの差がない限りは、通常は両耳装用が基本ですから、どのメーカーを選ぶにしろ、あらかじめ予算を決めておくと良いでしょう。

下記の記事も参考にして下さい。

どのメーカーで購入するにしろ、事前に補聴器をお試しするのは必須です!

例えば珈琲メーカーなどの一般的な家電製品とは違い、「このメーカーの補聴器が最もおすすめです!」という事は、補聴器に限っては言う事ができません。

なぜなら、補聴器は使用する人との相性が最も重要だからです。

どれだけ性能に優れた補聴器でも、人によって合う・合わないがありますからね。

ですからどのメーカーの補聴器を購入する場合でも、必ず購入前に一定期間のお試しをするようにして下さい。

逆に言えば、お試し期間が設定されていない補聴器店はおすすめできないという事だけは確実です。

購入者の事をしっかりと考えているのであれば、優良販売店は必ずお試し期間を設けているはずですね。

下記で紹介しているおすすめの『みみ太郎』は22年の実績のある国産の補聴器メーカーで、購入前に10日前の無料お試しが可能です。

インターネット受付で取り寄せる事ができ、送料などもかかりません。


今までさまざな補聴器を試してきたけど聞こえが改善しなかった方に『みみ太郎』は好評なので、初めて補聴器を探しているという方にも、失敗を少なくできるのでおすすめです。

親御さんなどの身内で、最近聞こえが悪くなった方がいらっしゃる場合は、この『みみ太郎』を無料で試してみるのも良いでしょう。

>>補聴器あきらめないで!「みみ太郎」10日間無料貸出し実施中