補聴器関連情報

補聴器と集音器の違いって?どちらがおすすめ?

補聴器 集音器 違い

補聴器について色々調べていくと、補聴器の中には「集音器」という表記になっているものがある事にきがつくと思います。

両者の違いを端的にお伝えすると、補聴器は医療機器として承認を得たものであるのに対して、集音器は得ていないものです。

医療機器として承認を得るためには、様々な計測データなどを国に提出する必要があって費用もかかりますし、大変です。

それに対して集音器はそれを必要としないので、音響機器という扱いで販売されています。

ですから何のチェックもされていなくて、集音器の中には性能面や安全面に問題がある製品が販売されているのも事実です。

とはいえ、補聴器の方が集音器よりも優れているというのは誤解で、集音器の中にも優れた製品はありますし、補聴器の中にもまったく役に立たないものも正直あります。

なぜなら、補聴器は管理医療機器ですが実はそれほどたいした資格が無くても販売自体はできるのが現状で、そのため日本にはたくさんの補聴器販売店(代理店を含みます)がありますし、その中で信頼できるお店を見つけるのは難しくなっているからです。

自分に合わないものを選んでしまっては何の意味もありませんからね!

だから結局は、補聴器がおすすめで集音器はおすすめではないとか、そういう単純なくくりでは判断できず、すべては製品販売店の信頼感、お客様の声や販売実績次第と言えるのです。

もちろん補聴器を装着する本人と製品の相性が最優先でしょう。

逆に、集音器と比較した場合に補聴器ならではのデメリットもあって、国の承認を得るためのデータ集めの費用や手間がかかるぶん、集音器よりも補聴器は値段が高くなるのです。

ですから、

「とにかく費用をかけずに補聴器を手に入れたい!」

と考えている方にとっては、集音器がおすすめですよという事にもなってくるわけですね。

補聴器や集音器という表示名だけで判断するのではなく、販売会社の実績、製品情報、利用者の声、実際に試してみての効果などの総合的な判断で補聴器を選ぶようにしましょう。